住宅ローン・トップページ > SBI住宅ローン【フラット35】
SBI住宅ローン【フラット35】

固定金利制で住宅ローンを選ぶなら、SBI住宅ローンの「フラット35」がお勧めです。

フラット35は住宅金融支援機構が介入する住宅ローンです。

借り入れ期間が続く間金利がずっと固定されるために、変動金利制で数か月ごとに発生する金利の見直し等で返済額が大きく変わるのを防ぐことができます。

毎月決まった金額をきちんと返済したい方にお勧めです。

またフラット35の対象住宅に関しては独自の技術基準に当てはまった住宅のみに融資を認めているので、住宅そのもののクオリティーも合わせて認めてもらえることでも知られています。

SBI住宅ローンのフラット35では20年までの借り入れ期間での金利が年2.400%、最長の35年までの金利が年2.600%です。

また、他の銀行等では借り入れ希望金額の80%までしか融資できないなどといった制約が発生する場合もありますが、フラット35は融資希望額に対して100%借り入れすることが可能です。

保証料は0円で、一部繰り上げ返済における手数料も0円です。但し繰り上げ返済は百万円以上から受付になります。

団体信用生命保険は加入が義務になりますが、生活習慣病からくる8疾病で就業不能になった際に支払いを保障する「8疾病保障特約プレミアム」も付帯することが可能です。

また、火災保険も住宅ローン返済中は契約することになります。提携損害保険会社での火災保険に加入すると、44%もの保険料をカットすることができるのでお得です。

但し、フラット35のデメリットは、低金利政策等で金利が引き下げられた場合でも変動金利に比べて支払額が増えてしまう場合も考えられます。また、借り入れ時の事務手数料や住宅ローン締結時における印紙代や司法書士等に支払う諸費用・登記費用等は融資金額に含めることができません。

関連エントリー


Copyright ©  住宅ローンの借り換え比較 All Rights Reserved.