住宅ローン・トップページ > メリットについて
メリットについて

住宅ローンを借り換えするからには何らかのメリットを見出さないと逆に損をしてしまうことになってしまいます。

単純なメリットを挙げると、変動金利制から固定金利制へ借り換えすると、金利上昇気配がある昨今の金融情勢を見据えて金利の支払いを少なくすることができること、借り換えをして返済期間を5年間延長させる手続きをすると月々の支払金額を抑えることができる。

銀行の住宅ローンによっては団体信用生命保険や保証料などが銀行負担なために別途支払いを行っていた分が軽減できる。一時繰り上げの際に事務手数料などを払わずに済む。などといった特典を得ることもできます。

また、一部企業にお勤めの方であれば、会社の福利厚生で提携している銀行から住宅ローンを借りる場合にのみ金利を優遇してもらえるサービスなどを受けることができます。このような福利厚生サービスなどを合わせると、大きなメリットを生み出すことができます。

住宅ローンの借り換えを検討した場合には、銀行の住宅ローン相談会などに参加してファイナンシャルプランナーやローン担当職員から返済シュミレーション等の診断を受けてみましょう。現在の支払い状況を合わせて相談すると、より分かりやすく説明を受けられることでしょう。

また、借り換え前の住宅ローンの借り入れ残高、返済期間の残年数、借り入れ利率がすでに優遇されている場合、逆に借り換えすることのメリットが出ない場合があります。こういった場合は、繰り上げ返済できるように貯蓄等を増やしてみる等検討してみることをお勧めします。


★お役立ちサイト一覧(※参考サイト)
茨城県の結婚相談所 - 結婚相談所は怖い?
エキサイト恋愛結婚 - ネット婚活

関連エントリー

UGGブーツ

Copyright ©  住宅ローンの借り換え比較 All Rights Reserved.