必要な費用

住宅ローンの借り換えに関する費用も当然発生します。

保証料・登記費用・収入印紙代・火災保険料・固定金利取り扱い手数料等になります。登記を行う場合、司法書士等への支払い報酬も加算される場合があります。

これらの費用は、借り入れ金額と借り入れ年数によって価格が変わります。保証料や固定金利手数料等に関しては、銀行によっては銀行側が負担したり、固定金利手数料を設定していないところもありますので、住宅ローンを担当される方から納得がいくまで話を聞くようにしましょう。

そのほか、銀行によっては事務手数料(五万円前後)を請求される場合もあります。そして注意しなければならないのが、万一返済ができなくなった場合のための団体信用生命保険への加入です。

その際の保険料は銀行負担になる場合もありますが、金利に上乗せしたり、年払いまたは月割賦払いなど返済金以外に出費をする場合もあります。借り入れ金額によっては諸費用が百万円近くかかる場合もあります。

諸費用の百万円を支払っても借り換えをすることに意味があるのかどうかもシュミレーションをしなくてはいけません。

中には、借り換えのための諸費用も含めて借り入れが可能な銀行があります。それでも、締結時の収入印紙代等は借り入れ等に含めず自己負担する必要がありますので確認をしましょう。

たいていの場合、百万円近くに上る諸費用を支払っても金利等の支払いを抑えることができる結果になります。ファイナンシャルプランナーに相談して、あなたにとって最善の方法を見つけるようにしましょう。

そのほかにも、借り換え前の銀行に全額繰り上げ返済をする際に事務手数料を支払う場合もありますのでご注意ください。

関連エントリー


Copyright ©  住宅ローンの借り換え比較 All Rights Reserved.