借り換え審査

住宅ローンの借り換えを行う際も、審査は必ず行います。

借り換えを行う事情は人それぞれですが、支払い負担軽減をいうのがほとんどの方にとって大きな理由になるでしょう。

まず、教育ローンや自動車ローンを借り入れている場合は審査が厳しくなります。信販会社や消費者金融等からの借り入れであれば、住宅ローンの審査はなお一層厳しくなります。

また、建築条件や中古物件等で担保評価が得られない場合も借り換えが難しくなることが予想されます。

また住宅ローン返済中に転職等を重ねてしまった場合や、正社員の地位ではなく派遣社員や契約社員として勤務している場合も銀行によって審査結果がまちまちですが、審査落ちしてしまう場合も否めません。

また住宅ローンの借り換えの場合、固定電話の有無でも信用度に左右されるといわれています。

連絡先は携帯電話だけではなく、固定電話やファクシミリの電話番号を主として記載できると金融機関の信用度も高まります。このほかに滞納や他ローン・クレジット等がないのに審査を通らなかったと悔やまれる方もいらっしゃいます。

考えられることは、スーパー等のクレジットカード一体型のポイントカードなどを複数枚持っていること。クレジットカードのみならず、キャッシング機能やリボ払い機能が付いたカードを持っていれば、それだけでキャッシングの上限額借り入れしているとみなされることもあります。

それをカードの枚数分だけ借り入れ金としてカウントされれば一発で審査落ちしてしまいます。

住宅ローンの借り入れを検討される方は、家計を見直し、手元に不必要なクレジットカードがあれば解約しておかれることをお勧めします。

関連エントリー


Copyright ©  住宅ローンの借り換え比較 All Rights Reserved.