住宅ローン・トップページ > 自己破産との関係性
自己破産との関係性

もし、住宅ローン借り入れ中に自己破産を申請することに陥ってしまった際、借り入れ金の債務はどうなってしまうのでしょうか?

政府の金利政策等の恩恵で少々無理をした住宅を購入した人たちが、昨今の不況のあおりを受けて住宅ローンを支払えなくなってしまったケースが多々あるようです。

住宅ローンを借り入れする場合に、銀行では家に抵当権を付加しローン返済は不可能になった場合に競売にかけるなどといった方法をとり、ローンの残金等を回収することになります。

競売にかけられた家が売却され所有権が譲渡された場合には、あなたはその家の権利を失ってしまいます。そうならないためにも、支払いが厳しい場合は自己破産を考える前に弁護士に相談したり、銀行での住宅ローンの借り換えを検討してみましょう。

支払いシュミレーションに基づいて家計を見直し、ライフプランをたてなおすことを考えます。

銀行によっては、住宅ローンの残債を組み立て直し、年齢等の条件がありますが、最長35年間まで返済期間を延長して月々の支払いを軽減させることも可能です。住宅ローンの借り換えをすると支払い金利も軽減させることができます。各銀行の住宅ローン窓口などへ相談してみましょう。

また自己破産者が個人再生を成功させ住宅取得のため住宅ローンを申請するとします。自己破産の情報は10年間残っていますので、銀行の借り入れはまずNGだと考えておきます。

自己破産後10年を経過しての住宅ローン借り入れでも、銀行所定の審査等で過去にさかのぼっての自己破産等の情報を独自に収集することも可能です。借り入れ先の銀行によっては、住宅ローン借り入れが否決されることもありますのでご注意ください。

関連エントリー

口コミで人気のブライダルエステ rankingとなります。

Copyright ©  住宅ローンの借り換え比較 All Rights Reserved.