住宅ローン・トップページ > 労金で住宅ローンを借り換える
労金で住宅ローンを借り換える

労働金庫(労金)は働く人の立場に立った金融機関です。労働金庫法という法律に基づいて運営されています。一般金融機関と同様のサービスを受けられますが、審査等が比較的簡単に通るという魅力的な面もあります。

労働金庫では、長期固定金利型住宅ローン「フラット35」や特約付き団体信用生命保険付きの住宅ローンもあります。

各地方にある労働金庫のホームページでは簡単な借り換えを行った場合のシュミレーションができるコンテンツがあるので、現在の住宅ローンの条件を入力して労働金庫へ借り換えを行った場合と比較をしてみるといいでしょう。

借り換えを行った場合の新たな返済額、返済期間、差額を参考にすることができます。

労働金庫は労働者にとってはメリットが大きい金融機関なので、相談をする価値は大きいです。ただ、他の金融機関とも必ず比較をされることをお勧めします。

団体信用生命保険付きの住宅ローンの内容は都銀・ネット銀行の商品のほうが疾病の内容が大きくカバーされている場合もありますし、保険料が0円(銀行負担)である商品もあります。

保証料の負担等も銀行負担か、本人負担かでも諸費用の出費が大きく変わりますので、労金と銀行どちらが有利に働くか見極めてみましょう。

労金で住宅ローンを借り換えする際には、公共料金の引き落としや給与振り込み口座として労働金庫の口座を利用することが金利等優遇の条件となることが多いようです。

労働金庫では、借り換えを行う方の年齢が高く、他銀行で年齢を理由に借り入れ金額の制約を受けた場合でも比較的借り入れができるケースが見受けられます。

関連エントリー


Copyright ©  住宅ローンの借り換え比較 All Rights Reserved.